不動産担保ローンの活用法を紹介!
  • そもそも不動産担保ローンとは?
  • 不動産担保ローンの活用方法
  • 個人・法人・事業主におすすめの不動産担保ローン口コミランキング
  1. 不動産担保ローンの活用方法

不動産担保ローンの活用法を徹底調査!

不動産担保ローンの使途は原則自由なので、その使途は様々です。具体的にどんな活用方法があるのかみていきましょう。

不動産担保ローンの活用法①ローンの一本化

不動産担保ローンの活用法①ローンの一本化

おまとめローンとも呼ばれているのがこちら。複数の金融機関から借入がある場合、1つ1つの借入金額は少なくても、合計してみたら大きな額になっていたということがよくあります。加えて、それぞれの返済日や金利が異なることで管理がしづらいです。そこで活用したいのが不動産担保おまとめローンです。

無担保のキャッシング・カードローンでは不動産担保ローンより金利が高いことが一般的。

複数の借入を金利の低い不動産担保ローンに一本化することで、総返済額が抑えられるのです。もちろん管理もしやすくなります。注意点としては、不動産担保ローンよりも金利が低いローンを含めないこと。自動車ローンなどは不動産担保ローンより金利が低いことがありますので、必ず確認しておきましょう。

不動産担保ローンの活用法②つなぎ資金

不動産担保ローンの活用法①ローンの一本化

つなぎ資金としての活用例です。今後まとまった金額の入金(あるいは売上)を見込めるものの入金までに時間を要したり、入金より前に別の支払いをしなくてはならないときに、不動産担保ローンによって一時的に資金を調達できます。つなぎ資金の融資(つなぎ融資)には大きく分けて事業性の利用と個人での利用があります。

事業性の場合、一時的に必要な運転資金を調達するために利用します。自宅や店舗・事業所などを担保に入れますが、売上の入金があったとき・資金に余裕ができたときに一括返済すれば不動産を失うこともありません。個人の利用では、住宅の買い替えの際にもとの自宅が売却されるまでのつなぎ資金や、住宅を購入して住宅ローンが実行されるまでのつなぎ資金などに活用されます。

不動産担保ローンの活用法③リフォーム資金

不動産担保ローンの活用法③リフォーム資金

自宅のリフォーム資金に不動産担保ローンを活用している人も多くいます。貯蓄が十分にない場合でも、自宅を担保にして不動産担保ローンを組むことでリフォーム資金を調達できます。住宅ローンが残っていても、第二順位の抵当権で融資してくれる金融会社もありますよ。自宅のほかに、賃貸に出している物件の価値を上げるためにリフォームするケースもあります。

不動産担保ローンの活用法④事業資金

不動産担保ローンの活用法④事業資金

事業を始める・継続するには開業資金・運転資金・設備投資費など様々な資金が必要です。

不動産担保ローンはそんな個人事業主や法人の強い味方。店舗や事業所を担保にできるため、余計な費用がかからないのも助かります。開業資金を調達したい場合には、まだ事業実績がないため銀行でローンを組むのは難しいです。しかしノンバンクであれば不動産の担保価値を重視してくれるので融資が可能となるケースも多く、ビジネスチャンスが広がります。

不動産担保ローンの活用法⑤税金対策

不動産担保ローンの活用法⑤税金対策

日本における相続財産のうち、およそ半分は不動産です。実は、不動産を相続したは良いが相続税の支払いに困っている、というケースはかなり多いのです。しかも相続税の納税期限は、被相続人が死亡した日の翌日から10ヵ月以内。遅延した場合には延滞税がかかるので早めの資金調達が必要となるのです。そんなときにも活用できるのが不動産担保ローン。相続した不動産を担保に融資を受け、その資金を相続税にあてれば、せっかくの不動産を売却せずに済みます。